無線通信

無線機についてのご紹介をする『無線通信』です。

インカムとは?

インカムとはインターコミニュケーションの略で、公衆交換電話綱につながっていないもので、構内での音声通信などに使わます。よく見かけるのがファーストフード店やコンサート会場といったところでしょう。ハンズフリーなタイプなので、進行を遅滞なく円滑に行うことができます。

形態の種類としては、おおきく分けて腰のベルトに装着するベルトバック型や、卓上などで使用するデスクトップ型、何かに組み込んで使用するラックマウント型などがあります。

そんなインカムですが、いったいどのような場所でどのように活用されているかみてみましょう。

 

主な活用場所

・コールセンター・・・・お客様とのやり取りの際に使用します。

・ファーストフード店・・・・お客様からの注文をとった際に使用します。

・パチンコ店・・・・騒音のなか社員同士で連絡をとるさいに使用します。

・コンサートホール・・・・広い会場のなか進行状況を確認するために使用します。

・多目的ホール・・・・             〃

・劇場・・・・                   〃

・放送局・・・・                 〃

・港湾・・・・海の上と陸地にいる同士で連絡する際などに使用します。

・アミューズメントパーク・・・・広い会場のなか社員同士で連絡をとる際に使用します。

 

他にもさまざまな場所で使用されているインカムですが、なぜ無線機やトランシーバーではなくインカムがいいのか調べてみました。まず特徴として、その形はマイクとヘッドホンが一緒になったものをいいます。音声を伝えるマイクと相手から伝わってくる情報がハンズフリーの状態できけるのです。mちろん両手がふさがってしまう作業に安心ですよね。しかも複数のユーザーが同時に使用することが可能であるため、素早く意思を伝達することができ、即時性も高く情報を共有化することできます。

コールセンターでは、インカムは目立たず、相手の声をよりクリアに聞くことができ、周りに音を漏らすことなくスマートなスタイルで仕事をこなすことができるので最適だとおっしゃっていました。また両手がふさがらないため、お客様からのお話をパソコンなどに入力する際、一般の電話だと違うところに集中してしまいがちではないでしょうか。このハンズフリーのインカムを使うことによって効率よく作業ができると評判です。放送局ではインカムを使って情報を取り合うことで、ベテラン達の通話を聞くことによって新人の上達の速度が速くなるのでいいといいます。他にもファーストフード店などでは、インカムを用いることによって、新しく来たお客さんのオーダーをとりながら、前のお客さんの商品を作ったりつめたりできるので、より効率的に作業がこなせるといったメリットがあるそうです。

 

インカムの難点。

インカムはハンズフリーなだけあって、より効率的にかつ機敏に作業することができます。しかし、そんなインカムにも一つ難点があるのです。それはイヤホンタイプのインカムを長時間使用していると耳の中の鼓膜が障害をおこし、耳が痛くなるといったことが起きえるのです。ですので、インカムを長時間付けっぱなしにすることはおすすめ出来ません。使い方、使用目的によって正しくお使いいただけることをおすすめします。

 

注目サイト

女性育毛剤 ランキング

Last update:2017/7/12